興味深々!!

なんでも興味津々!

ランニング初心者の健康ランニングの始め方

      2015/12/15

寒くなってきて、テレビでも駅伝やマラソンの中継が多くなってきました。

42.195kmを2時間台で走るようなマラソンは別として、街でもランニングをされてる方を多く見かけるようになりました。

昨今の健康ブームに加え、ランニング用のウェアやグッズもおしゃれなものが増えてきてて、ランニング自体がおしゃれでかっこいいスポーツの一つとして認知されてきた証拠だと思います。

僕自身もブーム乗ったわけではありませんが以前より常に10km以上は走れる体を維持しようと、時間があるときは極力ランニングで汗を流すようにしています。

そんな中、明らかにランニング初心者だなと思われる方をよく見かけるので何気に見ていると、多くの人が頑張りすぎて続かない傾向にあるように思います。

僕も学校を卒業して、学生時代に貯金した体力がどんどん減っていく中、これではいけないと思いランニングを始めたので、初心者の頃はなかなか続きませんでした。

そこで、これからランニングを始める方やランニングがなかなか続かないというかにランニングを習慣にできる始め方のコツをお教えします。

先ず1番目に

  • 最初からいきなり走らない!
    特に若い頃に体力のあった方に多いのですが、若い頃のイメージのままいきなり結構なスピードで走り始める方が見えます。
    だいたいこういった方を見かけると、1〜2km先で力尽きてしまっています。
    最初は、少し汗をかく程度、全然物足りないくらいのスピードと距離で始めましょう。
  • 毎日走らない!
    毎日欠かさず走った方が早く体力がつくイメージがありますが、筋肉は回復するときに強くなります。
    10代や20代前半の回復力の早い方は別として、回復するには時間がかかります。
    最初から毎日走り続けると、筋肉の回復時間がなく疲労が溜まるだけでどんどん走れなくなっていきます。
    人によって違いはあると思いますが、最初は中2日から3日くらいから始めて体力がついてきて物足りなくなったら、回復の度合いを見て頻度を上げるようにしてみてください。
  • 走るペースを意識しながら走る!
    最近は、スマートフォンのアプリでランニングアプリが多く出ています。
    こういったアプリを使って自分の走っているスピードを意識しながら走ってみてください。
    慣れてくると自分がいまキロどのくらいのスピードで走ってるかとかある程度わかるようになります。
    自分がどのくらいのスピードでどのくらいの距離を走れるかを意識することで、目標が立てやすくなります。
とにかく、最初から無理しないことです、継続しているうちに必ず体力は上がってきます。
無理をすると怪我の元にになり怪我をして休んでしますとまた体力がもっどっていってしまうので、とにかく怪我に注意して無理なく長く続けれるように、そして一番は楽しいと思える程度で続けることで知らず知らずに体力アップが図れてくると思います。

それでは、頑張ってください^^

 - スポーツ・レジャー