興味深々!!

なんでも興味津々!

チチローになれるのか?

   

イチロー選手がマーリンズと再契約し終身雇用を保証されたようですが、今や野球界では日本だけではなく世界中で名の知れたイチロー選手。

彼がここまでの選手になれたのは、本人の僕らでは考えられないような努力、出会い、才能等、様々な理由があると思いますが、彼の父「チチロー」の存在は彼の野球への資質を育てるのに大きく影響していると思います。

イチローが子供のころ、地元、愛知県豊山町では有名な野球バカ親子(表現が悪くてすみません)だったのは有名ですが、そのころのチチローのイチローとの野球の関わり方を聞くと、頭が下がることでいっぱいです。

僕も、二人の息子がいて二人ともサッカーをやってきてるので、少なからずスポーツを通じて子供と関わってきました。

その中で、最近のスポーツに関わる父親たちを見て思うことが多くあります。

最近の世界で活躍する選手たちを見て、自分の子供が何かしらのスポーツに関わると多くの親が少なからず自分の子供に夢を見、そして期待します。

そして、子供たちの試合を見に行き、自分の思うよな動きや結果を出してないと、怒ったりチームやコーチを批判したりといった行動に出てたりしますが、その前に自身の子供への関わり方を見てみましょう。

「チチロー」はイチローが子供のころ毎日欠かさずイチローとキャッチボールをしていたそうです。

今の大人たちは、何かと忙しくこれを毎日やれと言われてもやれない現実があります。なので、子どもを少年団等のチームに預けます。

そこで子どもが活躍できなかったりすると、指導が環境がと様々な理由をつけチームを変えさせようとしたりします。

そこで、是非コーチになんて話をすると、忙しいから・コーチなんてとても、といった返事が…

自身で出来ないから、人に任せた以上その人に任せる、気に入らなければ気に入らないところへ変わる、自身で指導したいならそれなりに自分の生活を犠牲にする。

一番は、子供たちがいかに楽しくスポーツに携わっていけるか考えて行動する。

そんな大人たちに囲まれたらもっと少年期のスポーツはたのしく発展してくのではと考える今日この頃です。

 - スポーツ・レジャー