興味深々!!

なんでも興味津々!

JSC新国立競技場の技術提案書を公表

   

JSC(日本スポーツ振興センター)が新国立競技場の技術提案書を公表しました。

前回のザハ・ハディド氏の案で、当初予定していた1,500億円のほぼ倍という金額になってしまったことで多くの批判を浴びたことで、選考の透明性を図ろうということのようです。

発表された内容は、大成建設などのグループの予算1489億円のA案と、竹中工務店、清水建設、大林組の3社が組んだグループの予算1496億円のB案。

96958A9E93819695E3E69AEBE78DE3E6E3E0E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO9509779014122015000001-PN1-5

このくらいの規模の事業の金額のことはよくわかりませんが、当初予定していた1500億円を超えないという大前提のもと案が検討されたということでしょうか?

スタジアム名前はどちらも「杜のスタジアム」ということで、どちらも木を意識した内容で、選考といわれても似たような特徴の2案のどの辺りを基準に選考されるのか、ちょっと不安な面もあります。

予算的な違いがあるので、仕方ないのかもしれませんが前回出されたザハ・ハディド氏のイメージ案とは大きく異なるものとなりました。

o-NEW-NATIONAL-STADIUM-570ザハ・ハディド氏のイメージ案

とにかくオリンピックが終わってしまえば、「国立」という以上国を代表するスタジアムとして今後何十年と維持していかないといけません、そしてその維持費は我々国民が負担していくこととなります。

未来に負を残さない念密な選考を期待しています。

 - 時事ネタ