興味深々!!

なんでも興味津々!

週刊少年ジャンプ

   

数々の名作を掲載してきた「少年週刊ジャンプ」

僕も子どもの頃から今でも楽しませてもらっている週刊漫画です。

今年「松山ケンイチ」主演でドラマ化された「ど根性ガエル」
1970年から掲載され、1972年にアニメ化された「少年週刊ジャンプ」から出た名作です。

他には1975年から掲載され、70年代の「スーパーカーブーム」の火付け役となった、池沢さとしさんの「サーキットの狼」、ロータスヨーロッパ憧れました。

そして40代以上の方には懐かしい「侍ジャイアンツ」、ロボット漫画の先駆け「マジンガーZ」もジャンプから人気の出た先品です。

それまでマイナーなスポーツだったサッカーの知名度をあげ、今のサッカー人気の石杖を気づいた名作「キャプテン翼」

「上川隆也」主演でドラマ化されている「エンジェルハート」その前身の「シティーハンター」や名作「キャッツ♥アイ」などの「北条司」作品もジャンプからの作品です。

ジャンプといったらこれ!といっても過言ではない作品「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、1976年の連載開始から39年実に2015年12月現在179巻、知らない人はいないのではないかというくらいの大作ですね。

海外でも大人気の「ドラゴンボールシリーズ」、未だに人気不動の「キン肉マン」、最近スズキ、ハスラーのCMでもおなじみの「Dr.スランプ」、個人的には「ストップ!ひばりくん‼︎」大好きでした。
他にも、「銀魂」「ヒカルの碁」「テニスの王子様」などなど…

言い出したらきりがないのですが、やはり今やジャンプの代表作は「ONE PEACE」ではないでしょうか。
来年の劇場版の公開も決まって、さらに盛り上がっていきそうです。
この「ONE PEACE」1997年の連載開始からすでに18年もたっているんですね、子どもも大きくなるはずです。^^;

この数々の時代を築いてきた週刊少年ジャンプを含むジャンプ5誌のキャラクターフェスティバル「ジャンプフェスタ2016」が本日12月19日と明日20日、幕張メッセで開幕されてます。

お時間のある方は足を運んでみてはいかがでしょう。

 - 芸能・エンターテーメント