興味深々!!

なんでも興味津々!

今や外国人に人気の「ランドセル」のルーツは?

   

日本人のほとんどの人が一度は背負ったことある「ランドセル」

image

日本を訪れる外国人のお土産の定番となっていたり、手作り高級鞄で人気の「土屋鞄製造所」から「大人のランドセル」が発売され大人気になっていたりと、今や小学生の通学鞄の領域を超え、世界的ファッションアイテムの一つとしての地位を確立しつつあります。

このランドセル、子どもが小学校に入学する際、当たり前のようにみんなが買い揃え、春になると毎年全員揃って新品のランドセルを背をって小学校へ通う子供達の姿を目にしますが、これっていつ頃からの風習なんだろう?って思ったことありませんか?

「ランドセル」の語源は、オランダ語の背嚢やバックパックの意味の「ransel ランセル」がなまって「ランドセル」になってようですが、元々は幕末に幕府が洋式の軍隊制度を取り入れる際の装備品の一つとして導入されたようです。

えっ!そんな昔からランドセルってあるの?と思われた方も多いかと思いますが、全国的に普及したのは昭和30年代の高度成長期に入ってからのようです。

老若男女、日本人は全員がランドセルを背負っていたわけではなくこれ以前に小学生だった方々の多くはランドセルではなく風呂敷や布製のショルダーバックなどで学校へ通っていたようです。

ランドセルを通学鞄として最初に取り入れたのは、学習院初等科で1885年(明治18年に)「教育の場の平等」のため馬車や人力車の通学を禁止したため歩いて学校へ通う際の学習道具入れとして使われ始めたのが起源のようですが、まだこの頃はリュックサックのような形で今のランドセルのような形ではなかったようです。

1887年(明治20年に)明治天皇(当時は皇太子)が学習院初等科に入学する際、伊藤博文が帝国陸軍の将校背嚢に倣った鞄をお祝い品として献上したことから、徐々に世間に浸透知ってたようですが、高級品であったため昭和30年代までは一部の富裕層にしか使われていなかったということです。

一時は戸川純や篠原ともえなど変わりものファッション的な経過を得て今や日本文化を超えた世界的ファッションになろうとしている、歴史が深いようで浅いような「ランドセル」

今後世界でどのような進化を遂げていくか楽しみです。

 - mono