興味深々!!

なんでも興味津々!

1月26日は「アフロの日」

   

本日1月26日は「1(あ)26(ふろ)」ということで『アフロの日」だそうです。

このアフロヘアー、1960年代に米国の黒人の方たちが自由のシンボルとして始めたそうで、「アフリカ系」といった意味合いがあるようです。

最近すっかり見かけなくなったアフロヘアー。
2012年に、松田翔太、佐々木希主演で公開された「アフロ田中」で少しはアフロにする人が増えるのかとも思いましたが、やはりアフロブームはきませんでしたね^^;

芸能界でも、林家ペーパーさんのアフロは有名ですが、あと思い浮かぶのは「具志堅用高さん」「久保田利伸さん」くらいでしょうか。

アフロがトレードマークだったスキマスイッチの常田さんもアフロやめてしまいましたし、トータルテンボスの藤田さんも少し前に番組で丸坊主にしっちゃってましたね。

過去には、郷ひろみさんもアフロにしていた頃があるようですが、僕がアフロで一番印象に残っているのは「笑福亭鶴瓶師匠」
今ではちょっと髪の毛の少ない人ってイメージですが、1980年代に放送されていた「とつぜんガバチョ」(初期のだったと思いますが)でのアフロエアーは強烈に記憶に残ってます。

turube-aflo
しっかり決めると、かなりおしゃれに見えるとは思うのですが、やはり目立ちすぎるのと手入れが大変そうなのが流行り切らない理由なんでしょうか。

ただこのアフロ、やっぱり目立つということでパーティーやイベントでこんなに重宝する髪型はありません。
少しくらい洋服が地味でも「アフロ」のウィッグをかぶるだけでスターになれます。

年末年始のイベントシーズンは終わってしまいましたが、今後のいざという時のためにひとつ自前の「アフロウィッグ」手に入れてみてはどうでしょう?

 

 - ブログ, 時事ネタ